アイリスオーヤマ CL14D-5.1M 品質は非常に良い 5.1シリーズ モールフレームタイプ LEDシーリングライト 2021新入荷 昼光色 リモコン付き ~14畳 調光

アイリスオーヤマ CL14D-5.1M 5.1シリーズ モールフレームタイプ [LEDシーリングライト(~14畳/調光/昼光色) リモコン付き]

4664円 アイリスオーヤマ CL14D-5.1M 5.1シリーズ モールフレームタイプ [LEDシーリングライト(~14畳/調光/昼光色) リモコン付き] 家電 照明器具・天井照明 天井照明 アイリスオーヤマ CL14D-5.1M 5.1シリーズ モールフレームタイプ LEDシーリングライト 2021新入荷 昼光色 リモコン付き ~14畳 調光 4664円 アイリスオーヤマ CL14D-5.1M 5.1シリーズ モールフレームタイプ [LEDシーリングライト(~14畳/調光/昼光色) リモコン付き] 家電 照明器具・天井照明 天井照明 アイリスオーヤマ,CL14D-5.1M,5.1シリーズ,[LEDシーリングライト(~14畳/調光/昼光色),/materialman204880.html,4664円,家電 , 照明器具・天井照明 , 天井照明,モールフレームタイプ,リモコン付き],www.aya-aesthetics.com アイリスオーヤマ,CL14D-5.1M,5.1シリーズ,[LEDシーリングライト(~14畳/調光/昼光色),/materialman204880.html,4664円,家電 , 照明器具・天井照明 , 天井照明,モールフレームタイプ,リモコン付き],www.aya-aesthetics.com アイリスオーヤマ CL14D-5.1M 5.1シリーズ モールフレームタイプ LEDシーリングライト 2021新入荷 昼光色 リモコン付き ~14畳 調光

4664円

アイリスオーヤマ CL14D-5.1M 5.1シリーズ モールフレームタイプ [LEDシーリングライト(~14畳/調光/昼光色) リモコン付き]

★ 居室空間によりピッタリなモールフレームタイプのLEDシーリングライトです。新技術のメタルサーキットを採用し、従来より明るく、高い省エネ性能と全面発光でムラのない明るさを実現しました。リモコンで簡単に操作ができ、調光10段階+常夜灯2段階の切り替えや、メモリー設定で点灯時の明るさを記憶させ、メモリー点灯で記憶した明るさを再現点灯することができます。
基本仕様
適用畳数~14畳
光源 LED
テイスト洋風
形状 
定格光束 
センサー 
リモコン 
光色 
色温度 
平均演色評価数 Ra80
照明制御システム 
消費電力42 W
電気代(目安)  
  
調光・調色機能
調色機能 
調光機能
自動調光機能 
自動調色機能 
タイマー
タイマー
  
その他機能
無線LAN 
Bluetooth 
スピーカー搭載 
スマートスピーカー対応 
虫ブロック・虫ガード 
空気清浄機能 
脱臭機能 
プロジェクター付き 
取り付け
配線器具形状 
引掛シーリング付属アダプタ 
取り付け工事 
  
省エネ性能
固有エネルギー消費効率 138 lm/W
  
サイズ・質量
幅x高さ537x153 mm
質量1.8 kg

アイリスオーヤマ CL14D-5.1M 5.1シリーズ モールフレームタイプ [LEDシーリングライト(~14畳/調光/昼光色) リモコン付き]

太陽系において生命を生み育ててきたユニークな惑星地球では,その表層や地下に広がる岩石圏・水圏・気圏の間での様々な相互作用によって,生命活動が営まれる“地球生命圏”と呼ぶべき環境が形成され,生命の誕生・進化と多様性が獲得されてきました.地球生命圏科学大講座ではこの地球生命圏を研究フィールドとし,野外における観察,採取試料の分析,室内実験などの一次データを基礎として,長い時間軸を通じて地球生命圏に記録された情報を解読し,そこに特徴的な物質の形成条件,環境の変動メカニズム,生命の誕生と進化の要因に関する科学と教育を推進することを目的としています.さらに,これらの研究を通して地球環境と生命の共進化メカニズムを解明するとともに,21世紀における人類社会と地球環境のあるべき関わり方についてメッセージを提示することを目指しています.


地球生命圏科学講座の目指すもの

太陽系において生命を生み育ててきたユニークな惑星地球では,その表層や地下に広がる岩石圏・水圏・気圏の間での様々な相互作用によって,生命活動が営まれる“地球生命圏”と呼ぶべき環境が形成され,生命の誕生・進化と多様性が獲得されてきました.地球生命圏科学大講座ではこの地球生命圏を研究フィールドとし,野外における観察,採取試料の分析,室内実験などの一次データを基礎として,長い時間軸を通じて地球生命圏に記録された情報を解読し,そこに特徴的な物質の形成条件,環境の変動メカニズム,生命の誕生と進化の要因に関する科学と教育を推進することを目的としています.さらに,これらの研究を通して地球環境と生命の共進化メカニズムを解明するとともに,21世紀における人類社会と地球環境のあるべき関わり方についてメッセージを提示することを目指しています.